読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神を病み化粧に走った男ニート~世の中をここから変えていく

ニートに転落して抜け出せなくなった男のブログ。テレビ企画や世の中のおかしいルールの改善等、改善案を世に発信していく。ここからなにかが変わればいいなと思っている

所詮はELだったということ

どちらの試合もスコア的には好ゲームだが、詰めの甘さなどCLから比べると格段にレベルが下がる。

マンUは鉄壁の守備陣ではあったが0で抑えきれない、一点しか取れないのはELクラスのチームという表現が合っているのではないか。準決勝で決めた二得点共にGKの質の悪さに助けられたものである。ディフェンスレスなチーム相手にこれでは先が思いやられる・・。だからベイルやグリーズマンといった名前が挙がるのだろう

 

決勝はお互いのバックスに出場停止選手がおり、バイリーが消えるマンチェスタースモーリングでどうなるか。

アヤックスはやはり経験不足を露呈しているので、順当に行けばマンチェスターが優勝するだろう。オナナもそこまで良いGKとは言えないので得点力不足を感じさせない試合になる可能性もある。

どちらもプレスが素晴らしいチームなので後半勝負といったところか。キーになるのはポグバ。フィジカルの差は著しく中盤の攻防は試合の行方を左右するはず

 

 

敗退した二チームだが、どちらも監督が替わる可能性がある。

リヨンは解任がなければ来季は捨てシーズンと言わざるを得ない。有望株が多くラカゼットのような選手も引き抜かれるだろう。

来季はEL参戦が濃厚で勝ち点2以上を取れば次節にも出場権を得る。

攻撃のタレントの入れ替わりの可能性と、質の低い両SBはアップグレードの必要性がある。控えの二人と入れ替わる可能性もあるが、ジャレモレルは随分前に賞味期限が切れている。

 

 

セルタはパスベースのチームに変わりはないだろうが、全体的な選手のアップグレードが必要。

ノリートが抜けた代わりにシストが入るというニダンカイダウングレードをしているようでは今季の苦戦は当然であった。

敗退の原因であるGKはいつまでも二部時代からの功労者に託すべきでない。サイズ不足を補うだけのものをみせているとは到底思えない。若手有望株に信頼をおけないのであれば補強すべきだ。

一番気になるのはCF。グイデッティは名前だけ一人歩きしていると思う。決定力不足を理由に彼を呼んだが、明らかに前任者以下。

現千葉のライベイの方が良く、シャルレスよりも期待感を感じさせない。サイズの割にもっさりしたプレーで、鋭さを感じさせられない。

控えのロッシ同様CFは再編せざるを得ないポジションだ。

引き抜きされるような選手はこのチームにいるだろうか。あってもサンティミナのような移籍で大きなステップアップがありそうな選手はいないだろう。両SBとボンゴンダには可能性があるが他は若手の青田買いくらいだろう

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村