読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神を病み化粧に走った男ニート~世の中をここから変えていく

ニートに転落して抜け出せなくなった男のブログ。テレビ企画や世の中のおかしいルールの改善等、改善案を世に発信していく。ここからなにかが変わればいいなと思っている

ツケ払い問題で話題のzozotownをトラフィックエクスチェンジで見たことがある

個人的にzozotownもその創業者も好きではない。Twitterでわざわざワード検索をしてまで文句を言いに言った事件もそうだし、この件もそして今回の事件もそう。

意図的に困難な状況を生み出すのはビジネスとしてどうかと思う反面、このような人間こそがビジネスに向いているとも思う。

お金を稼ぐ人間は良い意味でも悪い意味でも「どうかしてる」

だが、それがビジネスで成功するための要素であるとも思う。

 

今回のツケ払いも意図的に未成年でも親の快諾なしで買い物出来るシステムにしたはず。そして問題が起きれば対策を練る。

当初のシナリオ通りに動いているはずだ。

そして未成年含めた若者が滞納することも織り込み済みだろう。

人は経験を重ねることで成長する。だから若者なんてみんな馬鹿さ、欲しいものをいかに手に入れるかしか考えていない。だがそれが若者のアグレッシブさであり良いとこでもあるのだ

 

 

 

 

本題

トラフィックエスクチェンジでzozotownを見掛けた話

昔色々なものを試したことがある。その中でトラフィックエスクチェンジに出会った。

メリットもあった、だがデメリットも数多くある、いわば諸刃の剣。個人的にはオススメは出来ない。

このサイトを使っている方はおわかりだろうが、だいたいは個人サイト。たまに芸能人(といっても無名)がいるが、企業はほとんど見掛けない。大人数もしくは有名なサイトを見る機会はない、zozotownを除けばね。

 

トラフィックエクスチェンジはグレーの代物。サイトによってはブラックの代物と化す。そのようなものを大企業が使うのかと驚いたことがあったが、なにより驚きだったのは、見掛けるページの種類が豊富なのだ。つまり・・複数登録しているということ。何故複数登録が必要なのかと言うと・・

 

各商品のページをトラフィックエクスチェンジにかけていたからだ。

普通はトップページを登録する、これが一般的。たまに見て欲しいページのサイトもある。だが商品ページを何種類も紹介していたのはこのサイトだけ。

 

 

「稼ぐ為には手段を選ばない」

とはまさにこのことだと思う。

 

 

今や一般人だけでなく芸能人に企業、そして大企業まで相互文化に足を踏み入れる。

「やったもん勝ち」

やれないやつは負けるのみなのだ。

 

 

このような世の中にしたのは誰か

罪は果てしなく重いだろう

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村