読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神を病み化粧に走った男ニート~世の中をここから変えていく

ニートに転落して抜け出せなくなった男のブログ。テレビ企画や世の中のおかしいルールの改善等、改善案を世に発信していく。ここからなにかが変わればいいなと思っている

レアルマドリーvsバイエルン とにかくストレスが溜まる試合でした・・

勝ったのはいいがとにかく

遅い

 

プレーも選手交代もなにもかも

遅い

 

 

だいたい前半の低調な入り方はなんなのか。

アウェーなんだから攻めなきゃダメ。特にカウンタータイプの選手が前線にいねのに何故前線に張っていないのか。

 

少しだけリズムを早くした後半早々に得点を重ね、更に退場者と逆転弾。

ここまではよかった。ただ・・プレーが

遅い

 

ボールの運びが前じゃないし、背負った形で貰い捌く。

このようなプレーはCF以外に必要ない。なぜなら数的有利なのだから。

相手は明らかに混乱していて、スペースの埋め方やマークが雑。パスミスも多く、このような出来のチーム相手に相応しいオフェンスを展開する意味がわからない

 

とにかく質の低い試合で、けが人が多く過密日程の中2ndregの注意して戦わざるを得なくなった。

 

普段使っていないアセンシオは明らかに機能していなかったし、ハメスも同様。プレーが効果的ではなかった。疲れているボランチを変えてコバチッチの投入ももっと早めにすべきだし、高さが無くなったバックラインにモラタがいる布陣の方が良かったはず。

交代の時間もカードもとにかく悪い。

 

 

 

ジダンの去就が不確かという報道が出ているが、このような試合をしてしまう、戦術の幅の無さ、交代枠の切り方を見るとその話題が出るのも致し方ない。

勝ち運とモチベーターだけでここまで勝てていて、就任から一年経っても色が見えてこないという現地の話は的を射ている発言だろう。

 

アンチェロッティの悪いところを受け継いでおり、慎重な試合運び、戦術、遅すぎる交代カード。メンバーの固定制(アンチェよりはターンオーバーはするが)

これらは不要な物だと思う。

以前アンチェが監督をし、対バイエルンの時は初戦のホームをなんとかクリーンシートで防ぎきった。だがこれはアウェーゴールを与えたくないための戦術であり、アゥェーで守備的な戦いをしたわけではない。

 

今日の試合の入り方を見ればよく1失点で済んだと思う。

そして退場者が出たのに一点しか取れなかった。とも言える。

 

ジダンが持っている男なのは理解しているが、やるべき時にしっかり行動すべき。2ndregがどうなるかわからないが、レバンドフスキが復帰したバイエルン相手に1失点で抑えられるかはなんともいえないところだろう

 

昨年のCLもそうだったが、気が付いたら勝っているという状態が続くのは見ている方としても身体に悪い。勝負強いともいえるけど、もうちょっと良い試合出来ると思うんですけどね。ヴェンゲルの名前が挙がるのも理解出来ますよ、彼が来たら良いオフェンスになと思う。反面守備と勝負強さが無くなる気がしますがね。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村