精神を病み化粧に走った男ニート~世の中をここから変えていく

ニートに転落して抜け出せなくなった男のブログ。テレビ企画や世の中のおかしいルールの改善等、改善案を世に発信していく。ここからなにかが変わればいいなと思っている

ニートの親の頭は化石

○年ぶり○回目のアレを久々に聞いた

 

「働け」

 

 

前にも言ったが、ネットで稼ぐということを全く理解出来ていない。(お金も稼げているんだけど)

というか身近な人にネットで稼いでいる人間がいるのに何故わからないのだろうか。ニートの考え方より理解出来ない。

 

以前ニートから脱出し、働いていた時

苦しい時や腹が立った時に愚痴ったことがあるが

「そのくらいあるのは当然、我慢しろ」

必ず相手側に立つ姿勢はとにかく大嫌いだった。その上自分はとにかく愚痴を言う。

理論的にも破綻している考え方。要は頭が化石化しているのだ。

 

 

ニートの親になる人間は人間的にどこか欠けている。

私がいじめられている時(今思えば虐めではなかった)勇気を振り絞りそのことを告白した。だがなにもすることもなく、あたかも事件性が無く平常な日々が続いているかのように振る舞った。

周りの人間も皆そう。自分に絶対の信頼をおける友達はほぼいなかった。いたにしても心配してくれるような人は居らず、結局の所その程度の友情関係。

友のことはさておき、自分が人間不信になったのは周りの大人が誰一人役に立たない、信用できないと思ったから。ドラマのような熱意ある教師なんていない、熱意があってもそれは都合の良い熱意だけ。

 

自分が殻に籠もった(ニート)になったのも、そういうのが関係しているのかもしれない。

一度表舞台から去れば、再び表舞台に上がるのは簡単なことではない。仮にバイトだとしても。普通に働き正常な人間と私のような人間ではどこかで差が出る。偽ってもどこかでボロが出る。

ある時にボロが出て、他部署に指を指されながら笑われたことがある。自分の部署や長はなにも言わなかったけどね。

 

 

 

うちの地域ではバイトをするのも大変で正社員なんてそれはもう・・。

よく化石脳が「これだけ求人あるんだぞ?」なんて言うが、自分に出来る仕事というのは数少ない。それはやる気の問題ではなく出来る出来ないの問題、気合いだけで全てが片付くわけではない。※このことは別でまた書く

しかも簡単に雇ってくれるとこなんてない、落ちることも多々有、正社員並に感じる。

今は要○○、勤務経験ありといった内容がバイトですら数多くある。

求人数が多い仕事も昔はスーパーのみ、今ではどれも働くことが出来ないと思う。それだけ身体が傷んでいる。最近は肩まで痛めてしまった。指は血だらけ、目もトラブルが起きた・・。

 

一度職を失うと戻れないというのはこういうことでもあるんだと思う。とにかく故障が多い。

スポーツ選手時代の故障は後々響くと言われた、流石にここも悪化するとインドの魔術師のように空を飛んで移動しないといけなくなるかもしれない

 

 

 

 

コミュニケーションはとにかく大事。

自称ニートの方達のほとんどが適切なサポートを得られずニートに転落した

そこらへんのバイブルがもしかしたら必要なんでしょうかね?書けということか・・でもKindleは文系には難しいんですよね

 

 

最後に

ニートが周りにいる肩に向けて

頑張っている時はきちんと応援、サポートしてあげてほしい。それがニートという職を失い、きちんとした職業に旅立つことに繋がるのだから。

 

親の言いたくなる気持ちもわかるけど、言ったところでどうしようもないのでね。

うちは期待出来ないけど・・まあ話す機会なんてほとんどないから聞き流して自分の道を突き進めばいいだけですけどね、ニートはね。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村