読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神を病み化粧に走った男ニート~世の中をここから変えていく

ニートに転落して抜け出せなくなった男のブログ。テレビ企画や世の中のおかしいルールの改善等、改善案を世に発信していく。ここからなにかが変わればいいなと思っている

超一流アフィリエイターが語った、サイトに絶対に必要なものとは?

既出なので簡単に説明

独学で学び、Amazon楽天などの売上月数千万、ASPに専属担当者、講演会や高額収入者限定のパーティー招待等々の方が語った話

 

聞き手 dt-takada

聞いた内容を抜粋し一部編集しています。

 

 

 

 

サイトに絶対に必要なものとは

まずあなたが作っているサイトがアフィリエイター向けなのかそうでないかで、話が変わってくる。一流、つまりプロはアフィリエイター向けのサイトは作らず、一般向けのサイトを運営する。その中で、一般人に対して必要なものを置き不必要なものは極力置かないサイトにする必要がある。

 

自称でもプロと名乗るのは自由だが、アドセンスASPに登録することは誰でも出来るそしてそこから報酬を得ることもだ。親の手伝いをしてお小遣いをもらった時に「俺はプロの手伝い屋」なんて言う馬鹿がいるか?

プロはその空間を楽しませ、また来て貰えるようなサイト作りをする。赤の他人に必要とされ信頼される、それこそがプロ。アフィリエイト目的が全面に出ていたり、自称プロが書く一個人の日記を誰が見たがる?だから今のアフィリエイターにプロと呼べる人はほとんどいないんだよ。

 

 

 

dt-takada「(話が逸れてきた・・) んで、サイト運営に絶対に必要なものってなにかあるの?」

 

 

 

人それぞれだからなんとも言えない。ジャンル、戦術、ASPによっても変わってくるが、一つ言えるのは「努力」

楽してお金を~っていうのは100%詐欺。プロはとにかく努力し、とにかく時間をかける。遊んでいる暇なんてない。科学者と一緒で一番最初に発表しなければならない、蓮舫じゃないが二番ではダメなんだ。本屋大賞などもそうだが、売れるのは1位の本で2位以下はドングリの背比べだそうだ。結局いの一番にやることが大事。

だから楽して~とは真逆だね。年中無休だよ、年中有休のお前と違って。

 

dt-takada「・・・」「有給ってことは給料貰える?」

 

 

そうそう、もう一つ大事な物思い出した。

dt-takada「(無視か)それは何?」

「努力」は見えるかもしれないが、形に残るものとも言いにくい。なんらかの形には残るが、努力自体は個人の感想に過ぎないからな。そういうのと同じで「信頼」ってのが大事になってくる。つまり信頼出来るサイトかどうかってこと。

 

信頼出来るかどうかは物凄く大事。

アフィリエイトサイトにファンという表現は違うと思うが、信頼し足を運んでくれる人つまり常連さんの数が多ければ多いほど良いサイトでそのようなサイトは売上が伸びるはずだ。だが常連さんの顔もどんな人かわからない、ここで「努力」が必要になるというわけ。

 

 

dt-takada「現代はSNSツールで、ファンとコミュニケーションを取ることが可能だから見ず知らずってことはないんじゃ?」

 

 

お前は馬鹿だなあ・・。コミュニケーションツールとアフィリエイトサイトってのは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

如何でしたか?

今回はサイトに必要なものについての部分を纏めました。

次回はアフィリエイトサイトに不要なものについて。

 

既述の通り、伝説のアフィリエイター話はブクマや読者数増加によって次の作品の執筆が決まるシステム。内容は頭に突っ込んで文や音で保存してないので忘れた部分あれば短縮するかも。まあ、次やその次などがあればの話ですがね

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村