精神を病み化粧に走った男ニート~世の中をここから変えていく

ニートに転落して抜け出せなくなった男のブログ。テレビ企画や世の中のおかしいルールの改善等、改善案を世に発信していく。ここからなにかが変わればいいなと思っている

Googleの危機はアドセンスの危機。 世界最大級の広告代理店が撤退

グーグルアドセンスの新規取得のハードルが上がり、使用にも厳しい制限や理解に苦しむアカウント削除等、混沌としてきたグーグル。

 

広告主「見て貰い、更に興味が有ればクリックしてもらう」

アドセンスユーザー「興味あるなし関係なく誤操作でクリックさせる」

 

となれば広告主の怒りを買うのは当然のこと。ブログアドセンスにもいずれ大きな波が来るのは間違いないと断言出来る。

世の中の仕組みとして、最初は人を呼ぶために採算度外視でサービスをし、人が集まれば徐々に条件を悪くするというのが当たり前。条件ではなく問答無用にアカウント削除すなわちBANが起き始めているのがYoutube。今回はユーチューブについての話。

 

 

 

 

 

過激主義派の動画に広告主激怒

彼らの動画に広告が載ったことで世界第6位の広告代理店が撤退、そして英国政府に呼出と返金の有無を問われたことも話題になっている。

youtubeアルゴリズムは昨年末にポンコツ化しており、もはやマイアミのクレイジーな路地裏のようになってしまった。善良な動画を削除し、連鎖的にグーグルのアカウントも破壊する。もはやアイロボットのようにロボットの反乱が起きたも同然の有様。

消したい動画を消す方法があり、もはやアルゴリズムはハッキングされて改悪されているようなものなのだ

そうなっている以上、動画のコントロールは容易く意図も簡単に悪質動画が居座り続けてしまう

 

 

 

 

Youtubeはもう終わりなのか

今年に入り、Youtuberの動画が急上昇の9割を占めるようになった。

以前のように、トレーラーを見ようと検索しても1ページ目に出てくるのはYoutuberの声あり動画ばかり。公式の動画ですら序列が低い有様。

様々な動画があることがウリだったYoutubeだが、今ではただの遊び場。遊び場の遊具に興味がなければ見る価値がないサイトに成り下がってしまった感がある。

誤BAN問題などもあり、Youtubeでの投稿も止める人も多い。長いものに巻かれろという言葉通りの結果が生まれており、弱小だけでなく中堅Youtuberもいつ来るかわからない誤BANにおびえながら過ごすことになる。

 

筆者はYoutubeでの活動を終えた。勉強した分色々なことを学び書くことも沢山あるが、この話は別の日にでも書こうと思う

 

 

 

 

 

ブログアドセンスにも誤BAN問題は起きるか

起きる可能性はあると思う。サジェスト化されたネット、誤クリック誘導などの問題、あとはアドセンスが知れ渡り優良なサイト運営者に渡りきったと考えれば取り締まりが行われる可能性は極めて高い。

そもそもでいえば、同一の内容つまりまとめブログなどの転載サイトを好んでいないグーグルが同じ話ばかり挙がってくるアフィリエイトサイトを好んでいるとは思えない。

加えて、情報教材などのいわゆるグレーゾーンサイトに貼られているアドセンスや同業で回しているアドセンスなどは広告主からすればメリットのあるものだとは思えない。

 

 

 

 

 

なんにせよ、日本企業もアフィリエイトサイトの制作に本腰を入れつつあり、SEO的にも信頼性の面でも不利なアフィリエイター達の未来はどうなるのかと思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

読者登録、ブクマ、ランキング応援等よろしくお願い致します

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村