読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神を病み化粧に走った男ニート~世の中をここから変えていく

ニートに転落して抜け出せなくなった男のブログ。テレビ企画や世の中のおかしいルールの改善等、改善案を世に発信していく。ここからなにかが変わればいいなと思っている

テレビ番組で高視聴率を生み出す為に必要なことはこれだ

テレビ番組構成を改善

 

近年、テレビ離れが囁かれており、現に筆者はテレビ離れを起こした一人。

昔は面白い番組も多く、その曜日その時間が非常に楽しみだった。その時から何故か「テレビを見ない」という人がおり、変わり者としか感じていなかった私がこのようになったのは、自分でも驚いている(その時から見れば今ニートやってるのも驚きでしょうけど・・)

 

こうやればいいのになと思うことも多々あるので、何回かに分けて書いてみます。

意見等あればはてブTwitterなど下のところからお願いします

 

 

 

 

vol.1番組構成

今のテレビは縦のライン(番組の並び、例19~22時)が大事と言われていて、良い番組を並べておくと視聴率が伸びるという前提で構成されていますよね。開始時間をずらしたり、CMなしで次の番組に入る等の工夫も目立ちます。

民放故にCMは欠かせず、その間にザッピングが行われることも多々あるでしょうが、縦ラインで良い番組を流すとザッピングが減ったり、ザッピングをしても時間になると戻ってきてくれることも多いのではないでしょうか。

ザッピング中に良いシーンに出会うことは稀なので、魅力的な番組であればCM中に奪われることはまずないと考えるとライン形成は非常に大事な仕事と言えそうです。

 

 

テレビ局に対する信頼度が縦ラインの強度に関わってくる

面白い番組が多い局だと、チャンネルをそのままにして放置しておくことや違う局に行き見終わった後に帰ってくることもある。特に新聞を取らない人が増えている以上番組表を見てから画面を変えることは減るはず。

テレビ内で番組表を見ている時点で視聴中の番組は一台の視聴者を失っているようなものだと思う

つまり

 

 

リモコンを触らせない番組作りが必要

テレビのスイッチのonoff以外の操作は不要。ずっと面白い番組を配信しチャンネルを変える道具が無くても常に楽しめる番組があれば、カテナチオのような縦ラインを形成出来る。

面白い番組が続いてもリモコンを触らざるを得ないときがある、それが

「音量変更」

番組によって極端な音の大小を感じ「うるさい」「聞こえない」といった状態を生みリモコンを触らせるのだけは避けたい。

 

買い物と同じように余計なお金(行動)があったことで、予定外の買い物をしてしまうような行動を誘発すべきではない。

なので、番組の面白さ以外の細かなことも強固な縦ライン形成に役立つのではないだろうか

 

 

 

 

 

縦のラインを考えた編成で大事なポイント

メインターゲットは主婦層なので好感度が高いタレントが必要という考えもあるが、団塊の世代などリタイア組も増えていることも考慮し、考えていきたい。

 

子供の送迎が必要な主婦の場合

8:30前後

14:30前後

ここらは送迎でテレビを見ていない可能性が高い。

9:00開店のスーパーもあるが、10時開店の店の方が多いので朝は送迎後帰ってくると考えると9時台には家にいる可能性が高い。

10時12時はセール品を買う為にいない可能性がある。他の要素だと12時前後は食事の準備もあるが、テレビ付けっぱなしの人もよくいるので大きな障害になるとは思わない

 

午後の送迎は買い物が行われやすく、タイムサービスがあるお店もあるので、この時間帯は厳しくなるのではないだろうか。

 

「ミヤネ屋」の視聴者のように番組の前、もしくは見終わってから買い物に行く層もいるようなので、人を動かすほどの番組に対抗するのは得策ではない。この時間帯は違う角度からの切り込みが必要そう。

また、ここらの時間から学生が帰宅するのでその層も考慮すべきだろう

 

 

 

パートタイマー主婦を想定するケース

早朝の仕事もあるがベースは

8.9時~12.13時

13時~17時

が基本。昔勤めていたスーパーはどこもこのような形で働き手は主婦が9割以上を占めていた。

 

朝仕事ならば、仕事と買い物そして昼ご飯を考えれば遅くとも14時からは視聴者という存在になり得る。

昼仕事ならば、12時~12時半で視聴者としての仕事を終え、労働者としての存在へと移り変わる。ここからが朝仕事層と違うところだが、労働者としての仕事を終え帰宅しても、次は家事という名の労働者へと変貌する。

「昼なんて適当に済ます」

とよく言っていた主婦も夜ご飯は家族のためにきちんと作るとのことで、昼のようにながら視聴はされにくい。

 

この時間帯はメイン番組もなく子供の番組タイムとなりつつあるので、主婦層が一番消える時間帯とも言えそうだ

 

 

 

 

 

 

 

 フジテレビの縦ライン構成を考える

昨今視聴率の話題が最も出るフジテレビの縦ラインですが

伝統ある番組が減り新旧交代を図っている印象がありますが朝のニュース帯は強固なイメージがある。個人的にニュース番組の視聴率というのが一番よくわからないのと、ニュース番組は伝統こそ大事だと思っているので、報道ステーションやフジテレビでいえばめざましテレビやとくだねは変える必要性のないものだと思う。

そのため、筆者は朝のニュースでいえば地上波最高のライン形成が出来ているのがフジテレビだと考えている

 

その後のノンストップ、バイキングの討論スタイルも好調だ。

主婦の特性やゴシップが好きでぐちぐち陰湿に言うのが好きな日本では、身近のトラブルネタやゴシップネタの話題が好まれ、視聴率が伸びるというのは筆者はとっくの昔からわかっていた。

誰かが厳しく言ってくれたり、代弁者となってくれると

「うんうんそうそうそうなのよ」

という共感と定住がが行われる為、チャンネル変更の動きが鈍くなる。

嫌いなタレントが喋っている時には嫌悪感があるにせよ、芸能界のスタイルを考えれば視聴者が好むタレントのみを集めて番組を作るのは無理でしょうし、他の局とこの部分で争いが起こることはないと言える。

 

 

 

バイキング後のグッディからゴールデンタイムまでの間に大きな課題がある。ゴールデンタイムの質は今回では触れないし、スタイルだけでなんとかなる時間帯でもないので改善は容易ではないはず。

 

大きな番組間の時間が勿体なく感じる

縦のラインを考えるならノンストップとバイキングの間の30分(11:30)もきちんとした番組を放送すべきではないだろうか。この時間帯はどの局もニュースが多いので、この時間帯で他の局の視聴者も取り込んでいきたい。

 

特にヒルナンデスは冒頭の紹介で美味しそうだったり気になるシーンを出してくるので、11:30争いで負けるとそのままずるずる行きミヤネ屋まで持って行かれる。

グッディを推したいのならば、めざましテレビからここまで途切れないように番組を組み込んでいくべき。

そもそも、朝からテレビを見ていればニュース番組ばかりと遭遇するため、11:30の地味なニュースや番組紹介などは淡泊に感じやすいだろう。ミヤネ屋需要もニュース離れした番組構成が人気を呼んでいる一つの要因だと考える。

 

この11:30では料理番組、特に今流行のものや簡単に出来る料理、旬の料理等を2.3紹介するものが良いのではないでしょうか。

昼に買い物をする層に

「今晩、こんな料理はいかがですか?」といった番組は必要なはず。ノンストップの料理コーナーよりもっと料理特化した番組という意味。

 

見てすぐに買い物に行くと想定するのならば、紹介した材料は売れるでしょうし、そこらへんをセールスポイントにし、スポンサー獲得を目指すべきでしょう。

 

1つの料理だけではやはり選択肢が狭すぎるので複数の料理を紹介する。毎日の献立を悩む主婦の手助けをしてあげられる番組は、討論番組の間にあると繋ぎ役として良い味を出すのではないでしょうか

 

 

 

 

 

私の世代は18:00まで再放送ドラマがあり常に楽しめたが、今では北海道だと16:00からローカル情報番組が始まる。そこから19時まではニュースが続いていく。北海道の話でいえば日本テレビどさんこワイドがあまりにも強いので同ジャンルのフジテレビは空気同然の扱いだ。

 

グッディの14時~は子供が帰宅する時間であり、それらも大きなターゲットになるはず。

子供はスポンサーが望む商品購入者ではないことが多いが、その番組がついていることによって大人もそれをチェックする可能性があり、番組スポンサー共にメリットのある視聴者層と言えなくも無い。

 

 

 

ミヤネ屋に対抗するのは諦め14時から人件費のかかりにくい若手お笑い芸人の漫才やコントを流すというのはどうかと私は考えている

ミヤネ屋はほぼバラエティだと思っているのと、ニュース番組ばかりの午前と朝仕事を終えた主婦などの楽しみとして「笑い」をこの時間に提供するのがミヤネ屋に対抗出来る手段ではないだろうか。

仮にお笑い番組を一時間、もしくは二時間やり、その後に昔のドラマを流す。そのようにして17時にたどり着くのが良いと考える。また、ドラマは夜に放送されるものに似通ったものが良い。

深キョン主演?の受験ドラマがあるのが、深夜にはドラゴン桜の再放送が行われており、CM中は番組の宣伝が溢れている。つまり連動を企んでいる訳だ。まあ、そんなこと気にせず名作を流すだけでも良いゾーンではあると思いますがね

 

 

夜ご飯の支度が始まる17時。本格化する18時らへんはニュースで流す選択肢がよさそうだ。

別の選択肢としてはやはり再放送。それもアニメの。

ちびまる子ちゃんサザエさんの再放送を望む声は多いが、ワンピースやドラゴンボール等の再放送も需要があるはず。

この時間帯はテレビ東京が子供の人気を集めているが、常に人気作が流れているわけではないので、メジャーなタイトルでフジテレビに引っ張る居座らせるというのは良いのではないだろうか。

同じアニメを毎日放送するメリット

週一ではなく毎日が良いと思うのは、次の日も見たいと思わせることが出来るというのが大きい。週一の再放送だと前の話が忘れやすく、「どうでもいいや」という感情になりやすい。特に子供は飽きやすいのでね。

 

 

お笑い一時間、ドラマとアニメの再放送で一時間と考えるとぴったし17時になる。数を増やし、19時までつなげるのが理想的だがそこまで出来る体力があるのだろうか

 

 

 

 

 

私が考えるフジテレビ縦ライン

めざましテレビ

とくだね

ノンストップ

30分番組(今人気の料理を紹介)

バイキング

お笑い番組(最低一時間)

再放送ドラマ

再放送アニメ

 

最低でも17時

ニュースや番組紹介番組でゴールデンタイムまで耐える

 

GT

 

 

こんな流れ。

他は今回では割愛。

 

 

 

次回からは

こういう番組が流行るとか逆にこんな番組は流行らないといった話、筆者が考えるCMを絶対に見て貰う方法などの話を書いていきます

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村