精神を病み化粧に走った男ニート~世の中をここから変えていく

ニートに転落して抜け出せなくなった男のブログ。テレビ企画や世の中のおかしいルールの改善等、改善案を世に発信していく。ここからなにかが変わればいいなと思っている

清水富美加さん引退騒動!! 精神病の先輩である私が考える問題点

洗脳だとか色々なことを言われていますが、元々信者であった以上洗脳という表現は相応しくないように感じる。

助け船を出してくれたのが宗教団体であって、彼女自身になんらかの問題を抱えていたのは確かでしょう。

 

事務所との対立に使われている給料五万という話も共感を得る為の話であって、何年も経った今でもそのことを引き摺っているとは考えにくい。やはり、本人の望まない仕事による精神障害とみるのが妥当ではないだろうか。

 

望まない仕事による精神問題で言えば、以前に麻薬に手を染めた20代後半のタレント(名前失念)がいましたが、彼女が手を出したのが麻薬で、今回騒動の女性は宗教ということでしょう。元々信者だったので手を出したと言うより再信仰したと言うべきかのめり込んだというべきかはわかりませんが、いずれにせよどちらも

「なんらかのものに頼っている」

ということになります

 

 

 

 

精神病は支えが無ければ生きていけない

私の場合はゲームでした。今現在も喉の不調を感じますし、上手くいかない時は精神的に参ったりします。しかしゲームをやっている時はそんなこと1mmも感じません。

 

一番良い支えは、やはり信頼できる人間。

なのですが、なかなか信頼できる人がいるケースは少ないでしょうし、精神を病んでいる時点でそういう感覚を失っている場合もあるので、難しいところですね。

 

人間関係でなければ次は趣味など、嫌なことを忘れられるものが支えになることが多いでしょう。

 

そして最後の砦として挙げられるのが精神安定剤

薬に頼るということです。現に薬が切れると死にたくなる人が数多くいるようですし、彼らにとって薬こそが支えになっているといえますね。

 

 

 

 

 

 

精神病克服の為に必要なものとは!?

精神病になるきっかけとしては

  • 自然と精神を病む形
  • トラウマによる精神病

だと思っていますが、コンプレックスから精神を病んだ私でもトラウマがあるわけではないので前者のタイプですし、今回紹介した方々もこちらに該当するのではないだろうか。

トラウマ型ならそれを避けたり、治療法次第で改善が可能だと思いますが、

嫌なことを続けることで起きた精神病は大きなきっかけや周りのサポート等により、常に当人が幸せな状態を作らない限り再発すると思いますし、現に私も辛さを感じる時は逆戻りしてしまいます。

 

筆者である私は精神を病んでそろそろ10年近く経ちます。

その間に学校や仕事をこなしていた時もありましたが、ここ最近は綺麗な無職です

ただ改善されてきており健全なとき程ではないですが精神を病んでいた時期では一番良い状態にまで戻すことが出来ました。仕事復帰は可能ですが、事情によりフルタイマーは厳しいので他サイトで色々やって生きているわけです。

フルタイマーでもストレスのかかりにくい環境であれば可能ですが、仕事経験のある方ならわかるでしょうけどそういう職場はそうないですよね。ぶり返すのが一番危険なのでこういう生き方ですが、そろそろまともなお給料を貰い生活したい・・・というのがここのブログでの話

 

 

話を戻しますが

全治半年の精神病というのはよくわかりませんが、改善されるのには時間がかかると思いますし、辞め方も強引だったので色々なことが降りかかってくるでしょうが、頑張って貰いたいなと思っております

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村